これからの時代を生き抜く子育てヒント14 「認められた行為は強化される」他です。

画像

いつもおいで頂き有難うございます。4月は「認められた行為は強化される」他です。




子育てヒント


これからの時代を生き抜く子育てヒント  14




認められた行為は益々強化される


子どもは褒められたり、認められると直前の行動を、良いことと判断し、更にその行動は強化されます。反対に「だめ」「ストップ」と叱られると、その前の行動は「やってはいけないこと」だと認識します。
この学習の積み重ねによって、褒められた行動はより多くなり、叱られた行動はより少なくなっていき、やがて子どもの成長が徐々に育まれていきます。
自分である程度の判断ができるまでは親が善悪、良し悪し、モラル、常識などをきちんと伝えていく必要があります。

子どもの行動を修正するのに、悪い所のみ指摘し、叱る事に終始している親御さんやスポーツのコーチがいます。これはやがて暴力や虐待に繋がってしまうことがあります。
子供達は自ら考えずに、言われたことのみを嫌々行うようになってしまいます。
これでは子ども達は本当の意味で伸びて行きません。
本当に伸ばす為には悪い所を一緒に考え、本人自身気付かせ、自ら解決策を見出し、行動を起こす指導をして頂きたいと思います。
悪い所を指摘し指導するより時間は掛かりますが、長期的には子どもに大きな力をもたらします。





未来計画を作ってみる


子ども達に勉強しろ、勉強しろ、、と念仏のように唱える親御さんが多く、日々子どもさんとの格闘の連続ではないでしょうか。
子ども達は何の為に勉強をするのか、勉強のどこが面白いのかも分からず、頭から一方的に言われます。
大人だって、興味のない、面白くもない事を毎日しろ、、と言われたら嫌になってしまうのではないでしょうか。
勉強をしろ、、と言う前に「何の為にするのか」「どこが面白いのか」これらについてしっかりご家族で話し合って学ぶ事が勉強以上に大切だと思います。

私が提案している1つの方法は、子どもさんに「未来計画」を作って貰う事です。

A3の紙を4等分し「将来自分の住みたい家、乗りたい車など」「将来自分が楽しみたい事(趣味、旅行、ファッション、、)」「将来自分がやりたい仕事(年収、どんなプロフェッショナルになりたいか、、など)」「その仕事をする為にはどこの大学のどこの学部を卒業しなければいけないか、どんな国家資格が必要か(その為には何処の高校、それに入る為には中学でどの位の成績が必要か、、、)」

ただ、勉強だけでなく将来の遊びや趣味、生活をエンジョイする事も含めて考えると子ども達に取って大きなモチベーションに繋がっていきます。

「僕は獣医になって、病気の動物達を助けてあげたい。そして、将来は大きな家に住み、1年に1回は家族で海外旅行をしたい」、、、その為に今頑張って勉強をしています。、、、こんな風に言ってくれるようになると思います。

これらに関係した写真などの切り抜きを貼り付け、目でそのことが確認できるようにするとモチベーションは更に上がります。





親子であっても対等な人間関係づくり


小さい時は煩いほど纏わりついた子ども達も成長するに連れ、側にも寄らず、頼み事以外は口も聞かなくなります。
これもある意味順調な成長と喜ぶべき部分もあると思います。今は少子化のせいか「親離れ子離れ」ができず、いつまでも過保護、過干渉の親子関係が増えているように思います。

一番は適度な距離を保ちつつ、大切な時のコミニケーションはしっかり取れているのが理想ではないでしょうか。

この為に気を付けるべき点は、子どもと言えども対等の立場で接する事を心掛けるのが重要だと考えます。

子どもだから物事を知らない、考えが浅い、黙って親の言う事を聞いていればいい、、そんな考えで接していると、気が付いた時には親子間に大きな溝ができてしまっているように思います。

親子が常に対等、、子の意見を尊重し、その理由を理解してあげる事が重要に思います。

そんな時、親の意見と子どもの意見が真正面から衝突してしまうことがあります。

そんな時は「子どもの人生は子どものもの、子ども自身が決め、行動し、その結果に対して責任を取るべき」と言う言葉を思い出して欲しいと思います。

私も子育ての中で何度も意見が衝突しました。その時、親として言って置きたい事、親としての意見を言い、最後には「お前の人生だから、親の意見も参考にして結論を出して欲しい」と何度も伝えました。

親としては怖い部分もありましたが、突き放され、責任を負わされた子ども達は逆に慎重に行動したように思います。

これは頭から抑え付けた指導より大きな成果があったように思います。




画像





ブログ悩み相談 



歯周病治療について

今日歯医者で歯周病と言われました。
なので月1度歯の掃除に来てくださいと言われました。私の歯は治らない、現状維持って事なんでしょうか?今日レントゲンも撮りまし
た。この数日、口の中に苦味を感じ凄く不快なんですが、この状態も治らないって事なんでしょうか?



回答

歯周病から歯槽膿漏に進行します。

それを放置すると動揺し抜歯になります。

歯周病の段階ならブラッシングをしっかりすることにより嘘のように改善されます。

歯周病防止のブラッシングを指導されたと思うのですが、きちんと実行していますか。

>口の中に苦味を感じ凄く不快なんですが、この状態も治らないって事なんでしょうか?

苦味と歯周病の直接的な関係はないと思います。
もしかしたら歯周炎予防の薬のせいかも知れません。それなら徐々に消えて行くと
思われます。





画像






笑える話




子の気持ち親知らず

92歳の母は通院にタクシーを使っている。休暇で私が親孝行のつもりで送り迎えすることにした。褒められると思いきや「この車は音楽が煩い、運転が乱暴、ドアーが自動で開かない、タクシーの方が楽だ!」と散々言われた。

折角、親孝行したのに、、、





アルアル詐欺にかかった

友達の旦那は結婚前に166センチあると聞いていたが、病院の待合室で計ったら163センチしかなかった。15年もの長い間騙され続けて来たと思うと腹が立つ。 でも、私も体重を5キロ騙したからいいか~。そんな話を友達にしたら、内なんか「貯金アルアル詐欺」やで~、、だって。

最近の詐欺は油断ならない





学級閉鎖


インフルエンザが猛威を振るい息子の隣のクラスが学級閉鎖になった。息子が「隣のクラスだけ休みはズルい、、」と言い出した。「でもね、病気は辛いよ。体が元気な方が偉いんだよ」と言ってあげたら「俺、馬鹿に生まれたかった、、」だって、、。

残念ながら馬鹿は風邪ひかないんだよね。







画像







自由詩(心に思った事を詩にしています)



君はある日突然僕の前に現れた。

その日から 周りを光り輝かせ 樹々を目覚めさせ 野に咲く花々の蕾を震わせている

その日から僕は大きな光に包まれているように感じる

君の周りの人々は笑いと笑顔に包まれる

どうして そんなに真っ直ぐに未来を見つめていられるのだろう。 

どうして 君の瞳は水晶のように澄んでいるのだろう 

神様 どうかこの出会いを価値あるものにして下さい







画像






羅輝語録 (心に残った言葉を残しています)



生きる信念が明確なら死しても生き様は残る。信念を持たずに生きる者は、生きながら死んでいるとも言える。







我々は常に強い信念を持って生きているだろうか。ただ何となく、周りに合わせ、流されながら生きているように思う。
そもそも信念とは何なんだろう?  辞書には「正しいと信じる自分の考え」、、こんな事が書いてある。
「何が正しいかを判断する自分の独自の物差しを持つ必要がある」と言う事か、「どう言う指針で自分は生きて行くかをしっかり持ちながら生きる」と言うことか、、。

そう考えるなら私の信念は「生涯成長し続ける為に、常に自分を高める努力を続ける」もう一点は「常に自分の現在地を確認し、生涯目標を設定する」となるだろうか。

これで生き様が残せるだろうか






焦って生きることはない。明確な目標、強い信念、諦めない行動力さえあれば必ずやいつの日か輝く。









何かをするとつい結果を意識してしまう。しかし、結果はそう簡単に出るものではない。コツコツ諦めず、継続し続けた後にあるように思う。
目標を持ち、しっかりと信念に裏付けされた心構えを持ち、コツコツ継続すれば誰もがそれなりの結果を残せるのではないだろうか。

多くの場合、3日坊主で終わってしまうが、それは、目標設定する時点で本当に心から望む、何が何でも手に入れたいと言う強い願望が欠如していたからなのではないだろうか。







お互いにあるがままで接することができる友はいい友と言える。











私は自分と気が合う人を探すのに一緒に食事をして、食事が美味しいと感じる人を1つの目安にしている。
食事のマナーが合う、会話がはずむ、気を使わなくていい、ある程度の気配りがある、時間を短く感じる、、などかな、、。
反対にテーブルを汚し、好きな物だけ食べ、後は食べ散らかし、クチャクチャと音を立てながら食べる人は折角食事をしても美味しく感じない。
気取る事もなく、適度に会話のキャッチボールが成り立ち、気配りも感じるこんな人はきっとプライベートでお付き合いをしても上手く行くと思っている。





画像






編集後記

花々の咲き乱れる春なのに、花粉で苦しい日々が続いている。毎年、ゴールデンウイークまでは辛い。
来月からリフォームに入る。これから先25年はメンテナンスの必要のないように今の時期を決めた。自分の人生のゴールを95歳と決めている。それより早く死ねればそれで良しと考えている。
外は桜が満開だが、花粉が怖く外に出るのを躊躇している。








画像







過去ログを見て下さる方が多く、毎回カウントが上がっています。  ありがとうございます。

この内容を本当に自分の物にし、子育てに活用するには最低6回読み、自分の中で考え抜き始めてそれが子育てに反映されます。



何度も読み、子どもさんの性格、ご両親の方針を加味しその子だけのオーダーメイドの子育方針を出される事を願っています。



1.集中力のない子をどう導く   42976件 

2. 1歳から2歳の子育てヒント 29693件 

3.子どもへの接し方(3歳までの子育て)   21924件  





アクセス1000件以上の記事

2~3歳の子育てヒント     24001件  
10か月~1歳半の子育て   12242件
親にしかできない優秀な子育てⅡ  3821件 
優秀な脳を育てるには  3791件
今の子どもの体と心の発達  2815件 


スキンシップの重要性Ⅲ  2878件
脳は妊娠初期から成長する    2370件 
スキンシップの重要性Ⅱ    2328件
優秀になる為の5つの力    2243件 
母乳は最高の栄養      2382件





今回もおいで頂きありがとうございます。

何か印象に残った内容がありましたら、コメントを残して頂けると励みになります。





画像


この記事へのコメント

かばちゃん
2019年04月02日 07:30
今回のテーマを見た時?が浮かびましたが、読んでみるとなるほどと納得しました。子どもも大人も認めてもらいたい気持ちが同じですよね。らき語録の信念について私の信念は何だろうと・・・すぐには答えられません。じっくり考えてみます。毎回、生き方を見直すきっかけを与えてくれるらきさんのブログに感謝です。
かばちゃんへ
2019年04月02日 08:16
最近、ブログのアップにこれでいいのかと、、少し不安になっていました。
このコメントに励まされ頑張る気持ちが湧いて来ました。

いい季節なりましたね。どうぞ、、おおいにエンジョイして下さい。
2019年04月03日 18:35
こんばんは。

ほとんど子育ても終わりに近づいてますが、振り返って思うのは、子どもは親の言うことは聞かないけど親のマネはするなぁということ。
兄弟や友だちと仲良くしなさいと言うよりも、両親の仲が良く、ご近所ともお付き合いがあり、人の悪口は言わないと、子どもも自然とそうなる。
だからどんな教育や躾をするかよりも、親が日々何を考えどんな生き方をしてるのかの方が大事なのではないか。
親の機嫌がよくて明るくて、親がまず早寝早起きをして朝ごはんを食べて、あとは衣食住がちゃんとしていれば子どもはちゃんと育つのではないか。

自分がちゃんとしてないところ、だらしのないところは素直に認めれば、子どもだって安心して家ではだらしないこともできる(笑)
リラックスって、それだけのことではないか。
そんなふうに考えることがあります。

スイマセン、勝手なことを書いてしまいました(^_^;)


Kojisさんへ
2019年04月04日 13:56
いつもおいで頂き、その上コメントまで、、、有難うございます。

本当におっしゃる通りだと思います。
子育てで一番大変なのは、親自身がそのお手本を見せることではないかと思っています。
どんなに偉そうな事を言っても、親自らがそのような行動をしていなければ、子どもは素直に聞いてくれないと思います。

これからも思われた事をどんどんお書き下さい。

この記事へのトラックバック